有料老人ホームについて

  • 有料老人ホーム以外にはどんな入居系施設があるのか

    • 有料老人ホームは介護付、住宅型、健康型に分類することができる入居系介護施設のひとつです。どのような人が利用できるかは、その種類により異なっています。



      また入居系施設はこれ以外にも数多く存在しており、それぞれ有料老人ホームとの違いなどがあります。

      まず特別養護老人ホームです。この施設は公的機関としての役割もあることから、比較的、利用料金が低めに設定されているのが特徴です。また住宅型、健康型有料老人ホームのように、自立している人を受け入れると言うことはありません。

      一定以上の介護を必要とする人で、かつ施設入居の緊急性が高い人が優先的に入居できる仕組みが取られています。

      更に終の棲家としての役割も持っているので、この点も違いのひとつだと言えます。


      次に介護老人保健施設です。

      この施設は、病院と自宅の橋渡し的な役割をこなす、リハビリに特化した入居系施設です。



      そのため、一定期間が経過すれば自宅への生活に戻ることが条件となっています。
      有料老人ホームは、特に介護付においては、基本的に利用期間に制限は設けられていないので、この点は大きな違いです。



      ただし自立した状態で住宅型、健康型に入居したものの、その状態が変わり介護を必要とするようになったと言う場合は、別施設への転居をお願いされることがあります。


      そしてショートステイです。

      この施設は、自宅などで生活を送っている人が、あくまで一時的に入居するための施設です。

      よって老健と同じように、利用期間には制限があります。ただしこちらは、要介護認定ではなく要支援認定の人でも利用ができるので、その点が、自立している人のみを受け入れる住宅型、健康型有料老人ホームとは異なっています。