有料老人ホームについて

  • 有料老人ホームの3つのタイプの違いとは

    • 有料老人ホームには、住宅型・介護型・健康型の3つのタイプがあり、その中でも住宅型と介護型の施設が多くありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
      住宅型と介護型の有料老人ホームのもっとも大きな違いは、施設内で介護を受けられるか、外部の介護サービスを利用するかという点にあります。

      介護型の施設の場合、毎日の食事や入浴・排泄の介助など、日常生活全般にわたった介護サービスを、施設のスタッフからそのまま受けることができます。

      施設によっては看護師が24時間常駐していたり、医師の往診が定期的にされる、病院との連携が密にされているなど、きめ細やかなサービスを受けられるのが特徴です。



      一方、住宅型の場合は、何らかの介護サービスを利用することになった時には、自分で外部の介護サービスと契約をする形になります。
      自分が外の施設のデイケアなどに出かけていくこともできますし、施設にきてもらってサービスを受けることもできるのが特徴です。
      ですので、まだ比較的元気だという人や、施設の中だけでなく、たまには外にも出かけてみたい、交流したいと考えている人に向いている施設です。

      健康型とは、字の通り介護を必要としていない健康な高齢者を対象にした施設です。



      そのため、提供されるサービスも日常生活の補助やレクリエーションなどが中心となっています。



      仲間と一緒に余暇活動を楽しみたい人や、にぎやかに暮らしたいという人にはこのタイプの有料老人ホームが向いています。